美容皮膚科でのボトックス注入とは?

美容皮膚科で提供されているボトックス治療とは、顔にできた表情じわを解消することができる治療法のことです。
メスで皮膚を切る必要もなく、ボトックスをシワが気になる部位に打つことで短時間で効果的に改善できます。
そもそもボトックスには、筋肉を一過的に麻痺させる作用があります。
なので、表情じわに注入することで、表情筋の動きを抑制してシワを防げるというわけです。
たとえば、額にできる横じわ、眉間にできるしわ、目尻のしわなどに有効といわれています。
薬剤を皮膚に注入するというと、多くの方は安全性について危惧されるものです。
美容皮膚科で使用するボトックスは、顔面痙攣の治療薬として厚生労働省にも認可されています。
安全性もきちんと認められているので、副作用もなく、安心して施術を受けることが可能です。
この治療の持続性については、個人差はありますが、
注入しておよそ数日で効果が現れ、およそ半年にわたり効果が持続します。
半年を過ぎると成分が徐々に体内に吸収されるので、効果が薄れていきます。
なので、3ヶ月から6ヶ月注入することで、効果が継続されていきます。

ボトックス注入なら神戸アカデミアクリニック
http://biyouhifu-kobe.com/treatment/botox.html

カテゴリー: ボトックス注入 パーマリンク