包茎の手術における合併症について

包茎の手術の際の出血はあまりありません。
しかしなら手術後、治療した傷から再度、出血を起こすことがまれにあります。
軽い程度の出血でれば圧迫などの方法で血は止まりますが、皮下血腫をつくっていまうと傷口患部が赤黒く盛り上がった風になったりして、見た目が悪くなり、さらに化膿もしやすくなりってしまいます。
手術後に化膿したら、長期間における抗生物質の服用や、消毒のための通院が必要になります。
さらに傷の治りが悪い場合などが、再度、手術が必要になってくることがあります。
術後の出血は、激しい運動や、頻回の勃起によって誘発されることがほとんどです。
包茎の手術の後は、数日間は可能な限りお気持ちを静めて日々をお過ごし頂けることをお勧めします。
陰茎のサイズがあまり大きくない方では、手術後でも軽い仮性包茎のような状態になったり、逆に勃起時に包皮がたりず、つっ張って、辛い状態が続くことがあります。
手術時の切除範囲に関しては、専門医によく相談して決める必要があります。
包茎の手術は男性にとって一番大切な体の一部にメスを入れる行為です。
一番納得のいく、専門の医療機関を選んで手術されることをお勧めします。

茎の手術ならクリスタルメンズクリニック
https://www.mencli.com/hokei/kiso.html

カテゴリー: 包茎 パーマリンク