姫路で人生最後の大イベントはお葬式

人は誰でもいつかは死ぬ時が来ます。
その最後に行われる葬儀と言う大イベントは人によって様々な考え方があると思います。
身内だけでひっそりと故人を偲んで行う家族葬で十分と思う人、付き合いが多く多方面から故人を偲んでもらうため盛大に行う葬儀がいいと思う人などいろいろだと思います。
姫路の葬儀に参列
私も親戚など身内から何回か姫路で葬儀を出した事がありました。
各エリアによって違いますが、姫路での葬儀は故人に合わせて行いました。
社交的で派手好きだった姫路の祖母の時は基本の葬儀に色々と付け足し少し華やかな雰囲気の葬儀にした事がありました。
その時は参列された方から祖母らしい感じがしてとても良かったと言われた事がありました。
姫路 葬式市民葬儀ご相談センター
きれい好きだった父の時は湯灌を行いました。
葬儀が始まる前に親戚等だけが集まり目の前で遺体を入浴させてきれいな状態にしてから葬儀を行うもので、父の場合は男だったのでヒゲをきれいに剃ってもらいとてもすっきりした顔をしていたのが印象的でした。
女性の場合は化粧をするらしいです。
この湯灌も父の事をよく知る親戚は最後にきれいにしてもらって本当に良い葬儀になると言っていました。
葬儀は故人を見送る最後の一大イベントですから、故人が一番喜ぶ事を前提に考えて進めて行くととても良い葬儀になると私は思っています。

参考として、勤務先では、上司・同僚・部下とその家族の場合は5,000円、取引先は10,000円。
親族である祖父母の場合は10,000円~30,000円、両親は100,000円。兄弟や姉妹は30,000円
伯父や伯母、他の親類は10,000円
友人や知人、友人・知人の家族、隣近所に住んでいた方の場合は5,000円
姫路 葬式
そして、香典の金額は「4」や「9」のつく額は避けた方が良いそうです。
姫路 葬式
父親の葬儀で、今まで知らなかったことが沢山わかりました。
礼儀作法やマナー、最後のあいさつなど色々と親族には仕事があります。
そういった意味では姫路の名古山葬祭式場にある市民葬儀ご相談センターに依頼して良かったと思います。
プランはだいたい5つぐらいに分かれており、予算やご参列頂く人数によって提案してくれます。
またわからない事でもすぐに答えて頂き、色々と勉強させて頂きました。
式当日は予想以上の参列者に驚きましたが、

カテゴリー: 葬儀 パーマリンク